「ザ・サード・ガール・ストライクス!」(2006.6.6)

とらドラ!二巻読了。久々の本感想です。
今回登場した新キャラは、三人目の女の子、川嶋亜美です。彼女の職業はモデル(!)で、とある事情で主人公竜児たちの街に引っ越してきたのです。
彼女は美麗衆目、パーフェクトです。外見は。しかし、その実態は超わがまま二重人格だったのです(!!!)モデルという職業柄、外面の良さを身につけた仮面少女、川嶋。そんな彼女がヒロイン、逢坂大河に接近し、初対面から猛烈な牽制のし合いになり・・・。
このぶっ飛んだ世界観に慣れてしまったからなのか、一巻に比べてインパクトは少し足りないような印象を受けました。いや、それにしても今回は亜美の性格の悪さが妙に際だっていて、読んでいて前回ほど爆笑はしませんでした。特に、ストーカー事件の描写はかなりリアルで、ゾクゾクできます。夏の夜長にどうぞ(嘘
亜美が最後にストーカーと戦うシーンでは、ヒヤヒヤしっぱなしでしたwストーカーのヘタレっぷりにも注目です。(『萎え萎えだよぉ〜』
大河、竜児、みのりん、北村、それに亜美も加わって、 思いの立体交差はますます複雑になっています。本当は好きな相手にはいまいち伝わらない思いが、予定外の相手に伝わって波乱が起き、自分の本当の思いに気づく、という王道ラブコメの形を取りながらも、今までにありそうでなかったキャラクター像を構築し、予想もつかない(ベタすぎて)展開で暴れさせる竹宮先生のセンスの良さが伺える作品であると、改めて痛感しました。
おまけの、『とらドラスピンオフ!』は佳作。不幸属性の少年と大河の邂逅を喜劇的に描いています。しかし、これには爆笑してしまいましたが、この少年の名が

福家幸太

え〜〜〜っ!?どこからどう見ても幸せそうじゃん!こういう小ネタには耐性が少(ry
もう一つ挙げるとすれば、生徒会長素敵だ!その男気にシビレるあこがれるゥ!兄貴(女だけど)一生ついて行きます。

総括:北村の前でキャラが変わる大河、かわいいよ。究極超人のみのりん、今回はキャラが壊れっぱなしだったけど、そんなところも素敵です。川嶋、新キャラの割には頑張ってくれたよ、ありがとう。最後に竜児、

何度でも言うぜ!目つきの悪さは遺伝しない!

inserted by FC2 system