「とらドラ!感想」(2006.3.16)

先日(昨日だが)購入した『とらドラ!』を読み終えたので感想を書きたいと思います。(速
まずは、あらすじと登場人物から。
一言で言うと、
ヤクザの父(現在行方不明)と風俗嬢の母(永遠の23歳)を持つ、
目つきは悪いが至って普通の高校生高須竜児と
『手乗りタイガー』と呼ばれ恐れられるミニ女子高生逢坂大河とのラブコメである。
いや〜、呼んでからしばらくニヤニヤ笑いが止まりませんでしたよ。
どうしてここまでツボるのか。どうしてここまでハイにさせるのか。
竹宮先生のセンスに祭りが発生中です。

最高!!

とにかく本作で一番魅力的なのが逢坂!僕の手にも乗ってくださいタイガー。
普段はツンツンぶりをイヤと言うほど発揮する彼女ですが、
くしゃみがカワイイ、家事が全く出来ない、好きな人(委員長北村君)の前でキャラが変わる・・・
などなど、とにかく破壊力抜群!イランの核兵器や自爆テロリスト養成施設どころの騒ぎではないッ!!
ハァ、ハァ・・・こ、興奮してしまいました。とにかく、『田村くん』の相馬以来の衝撃でした。

第二波としてくるのが、天然キャラ、みのりん。彼女はもうバッチリ萌えの
ストライクゾーンにアイン・ソフ・オウルだッ!
全体的に『田村くん』より設定がトンデルのが素敵度を上げていると思う。

総括:
この話のヒロインや主人公は、二人ともコンプレックスを抱え、傷心である。
そんな等身大のキャラクター像が、今求められているのかもしれない。
だから、ここまでのベタベタラブコメに心底悶絶するゥゥゥゥのかもしれない。
(最後真面目

真面目なツッコミ
目つきのヤバさは遺伝しない。
ヤクザの父親の目つきのヤバさが竜児に遺伝するのだとしたら、彼の父親は
生まれたときから目つきがヤバかった、ということになる。
竹宮先生、これはすでに否定されたラマルクの進化論『用不用説』に肩入れして、
ダーウィンの自然淘汰説やド=フリースの突然変異説に正面から宣戦布告かッ!?

詳しくはこちら

inserted by FC2 system